「SANGAM(サンガム)」八丁堀 森永卓郎&片岡愛之助おススメのインド料理店

サンガム ハッチョウボリホンテン
SANGAM 八丁堀本店

東京都中央区八丁堀4-14-1 ライオンズマンション1F (HP
ランチ  11:00~15:00
ディナー 17:00~22:30(L.O.)
定休日 なし

◆土日祝ランチ情報◆ 土日祝もランチあり

ボリューム ★★★☆☆(★3.5 ナンのお替り・ライスの大盛り無料)
また行きたい度 ★★★☆☆

この店の一品
ダブルカレー02
ダブルカレーセット 960円
サラダ・ラッシー付き

八丁堀に2店舗、築地に1店舗の3店舗を構える本格インドカレーのお店。
ちなみにここ八丁堀本店は経済アナリストの森永卓郎さん、
そして築地店は片岡愛之助さんのお気に入り店としてメディアで紹介されています。
ダブルカレー05

メニューを見て激しく気になったのが、インドの国旗のような色合いのダブルカレー。
緑色のサグチキンカレーと、
もう一種類は4種類のカレー(日替わりカレー・キーマカレー・野菜カレー・ポークカレー)から選ぶというもの。

ダブルカレー04

この日はこの店の代表的カレーである『キーマカレー』をチョイス。
よく食べる挽肉たっぷりのキーマカレーとはちょっと異なり、ルーが多め。
12種類のインドのスパイスに鶏ひき肉・トマト・玉ねぎ・しょうが・にんにく等を使用して本場の味を再現。
いつものキーマと全然違うけれど、これはこれでとても美味しい。サラッとした中にコクがたっぷり感じられます。

ダブルカレー03

サグチキン。ほうれん草と鶏のカレー。
鮮やかなグリーン!
ムースのようにふわっとしてまろやかな口当たり。
カレーに見えない色ですが、食べればちゃんとカレーなんです。

サフランライスはかなり多めです。ルーも多め。
美味しいけれど、女性には厳しい量かと。

らっシー

ランチタイムのサービス(らしい)ラッシーは薄め…。
カレーが美味しいだけにこれはちょっと残念。

サラダ

ミニサラダのドレッシングは赤いけど辛くありません。
どちらかというと甘め。
ニンジン(多分)ドレッシング。

もう一品
チキンカレー01
Dランチセット 900円
チキンカレー・サラダ・ライスorナン(お替わり無料)・ラッシー付き

チキンカレー
ナンがとにかく大きい!
そして美味しい!
ナンってインド料理の専門店だとそれほど味の差って感じませんが、
これは美味しい!と思わせてくれたナンでした。
表面のパリッとした香ばしさと中のモッチリ感のバランスが絶妙!
大きくても薄いので1枚はイケますが、お替わりは無理でした。

ちなみに 片岡愛之助さんはチーズ入りナンがお気に入りとのこと。

チキンカレー02

チキンカレーも、他店とどう違うのかが分からないけれど
美味しいんですよねえ。

チキンカレー05

カレーの器が意外と深くて、量もあります。
普通のお店はカレーがそれほど多くないので
ナンとバランス良く食べることがポイントになるワケですが
この店の場合は全く気にしなくていい!

メニュー

辛さは「普通」だとそれ程辛くはありません。

店内は昼は照明を落としているため
夏の日差しに慣れた目で入店するとかなり薄暗くて驚きます。
ま、そのうち慣れますが。

外観

結構マニアックな場所にあるので、分かりづらいと思いますが
こんな場所でも常連さんやメディアの露出のせいか、昼はいい感じに席が埋まっていました。

タレントさんの舌を魅了するだけあって、
このあたりのインド料理専門店の中では美味しい方だと思います。
年中無休だし、八丁堀駅からも近いので、夏休みに是非。

Comments 1

-習近平大嫌い

森永卓郎

森永卓郎は、麻生太郎政権を「テロリスト」と呼ぶなど、
支那サポーターに共通の病的言動には枚挙に暇がない。
この無責任男はかねてより、「私は日本丸腰戦略というのを提唱しています。
軍事力をすべて破棄して、非暴力主義を貫くんです。
仮に日本が中国に侵略されて国がなくなっても、後世の教科書に『昔、日本という心の美しい民族がいました』
と書かれればそれはそれでいいんじゃないか」などと、
日本人の命を平気で凶暴な支那に投げ与えるキテレツな主張をしている。

  • 2014-08-11 (Mon) 17:21
  • REPLY