昔ながらのかき氷も魅力!「銀座立田野」の「氷ミルク」+粒あんトッピング

【※銀座店は閉店しました】
銀座 立田野 銀座本店
銀座立田野(HP
東京都中央区銀座7-8-7
営業時間/ 11:30~20:30
定休日/なし

ミルクあずき05
氷ミルク  773円
つぶあんトッピング +113円

癒され指数 ★★★(★3.5)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

「銀座 立田野」の今年のイチオシかき氷は新作「夏桜」ですが
以前からあるかき氷も新作に負けてない美味しさです。
ミルクあずき02

ここに来たらやっぱり、創業120年のこだわりの“あん”を食べとかなきゃでしょー!
というワケで、粒あんをトッピング。
この艶やかさ!粒も大きく、しっかりとした形!
見た目がすでに美味しさを物語ってますね。

ミルクあずき04

氷はとげとげしておらず、舌の上でスッと消えます。
上品な甘さの粒あんといいコンビネーション!

ミルクあずき03

甘いミルクと粒あんが絡めば、この上ない幸せが到来。

ミルクあずき_メニュー

「氷ミルク」にあんこをトッピング→すなわち「氷ミルク金時」ですよね?
今回のように「氷ミルク」にあんこをトッピングすると886円。
でも、メニューにある「氷ミルク金時」は978円。

どういうこと?

2つ程異なる点があるようで
「氷ミルク金時」は“氷の下にも小豆が潜んでいる”
そして
“天辺の小豆の上からさらにミルクを掛けている”んだそうです。

ミルクあずき01

「氷ミルク金時」の方がミルクと小豆が多めなので、甘めなのかもしれません。
甘さ控えめをお好みの方は、氷ミルク+トッピングで楽しむのもいいかと。
トッピングの粒あんの美味しさがより分かる気がします。
こしあんの方も試してみたいな~。

※『銀座立田野』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『夏桜』

Comments 0