知る人ぞ知るパスタの名店

銀座スケベニンゲン
東京都中央区銀座3-7-13 成田屋ビルB1(HP
ランチ 11:30~15:00  月~金
ディナー18:00~23:00 月~金
     11:30~22:00土・祝日
     11:30~20:30 日曜
定休日 なし
◆土日祝ランチ 土・祝は通常ランチ
ボリューム ★★★☆☆
また行きたい度 ★★★☆☆(くせになるメニューあり 行列覚悟)

スケニン_フリ01
フリッタータ 945円
これぞ『スケベニンゲン』名物!
銀座煉瓦亭の昔風のオムライスのように、卵で麺を焼き固めた感じ。
スケニン_フリ02

これを頼むと必ず付いてくるのが、粉チーズがたっぷり入ったケース。
どうやら、このチーズをどばどばかけて食べるのがツウのようです。

表面を割って、崩しながら麺を引き出して食べる、という感じですね。
ところどころ焦げていて、そこがいい具合の香ばしさのアクセントになるんです。

自慢のオリジナルミートソースがホント、いい味で、
これまたいい具合に絡んでるんです。

スケニン_サラダ

サラダとコーヒー付き。
うーん、でももう少し、パスタの量があるとウレシイんですけど…。

続いての一品 
スケニン_ワイン01
スケベニンゲン 1050円
お店の名前を冠しているからには、こだわっているに違いない!
とオーダーしたら…すごかった。

まずオーダーしたら「こちら召し上がったことはありますか?」と聞かれます。
「いいえ」と答えると
「かなりワインを使ってます。しかもアルコールはほとんど飛ばしてないんです。
かなり強いんですが大丈夫ですか?」
と、かなり不安そうに尋ねられます。

スケニン_ワイン03

目の前に皿が置かれた瞬間、むせかえるように立ちのぼるワインの香り!

これワインそのまま注いだでしょーー!
って言いたくなるような強烈な
風味です。

お酒が弱い人はこの場の空気を吸っただけで酔っ払うんではないでしょうか…。

スケニン_ワイン02

麺はカッペリー二で細く、スープは醤油風味にも似て…
途中からパスタを食べているというより、ワイン出汁のラーメンを食べている気分に。

唐辛子もたっぷり入っていて、ピリ辛な上、かなり高いと思われるアルコール度数によって
体中が芯からポカポカに!
寒い国の人間ってこういうもの食べているんじゃないだろうか…
なんだかロシア人にでもなった気分でした。

こんなにクセのあるパスタ、二度目はないかなーと
食べた直後は思ってたんですが
恐ろしいことに…数日後、ムショーに食べたくなってしまいまして…。
本当にロシア人になってしまったんじゃないか…と
このスープ・スパの魔性に、寒さとは別の意味で震える思いでした(笑)。

アルコールが全然OKな
寒がりの方には、この季節、おススメです。

スケニン_外観

ランチタイムは(メニューにもよるみたいですが)
レギュラーのパスタメニューの値段マイナス100円に
サラダ、ドリンクが付いてくる、というシステムのようです。

1000円以下が3分の1ぐらい、あとは1000円ちょっとオーバーというラインナップ。
銀座のパスタの名店なので、どのメニューも味は確かですよ。
銀座土日ランチ_イタリアン

Comments 0