市川染五郎さんおススメ!技アリ歌舞伎座土産『KABUKU~へん』

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

市川染五郎さんおススメ!技アリ歌舞伎座土産『KABUKU~へん』


松竹歌舞伎屋本舗 木挽町広場
【※期間限定出店 2013年8月一杯の予定】 
松竹歌舞伎屋本舗(HP
歌舞伎座タワー 地下2F 木挽町広場
営業時間/10:00~

歌舞クーヘン01
KABUKU~へん 1箱(2個入)1,050円
賞味期限 20日程度

新歌舞伎座開場記念として、歌舞伎座場内の喫茶「檜」に登場した『KABUKU~へん』。
喫茶「檜」では、ラズベリーソースと生クリーム付きで1個600円で提供されていて
当初はお持ち帰りできないお菓子でしたが、2013年5月~待望のテイクアウト用が誕生。
通常は東京駅一番街の「松竹歌舞伎屋本舗」のみの取り扱い商品ですが
今なら歌舞伎座地下2Fの木挽町広場でゲットできます!

箱01

このお土産版「KABUKU〜へん」のパッケージは、
瓶覗と桃花色の市松模様の蓋に受け箱は黒、内側は赤。江戸好みにデザインされているとか。
また、パッケージと天面のホワイトチョコの部分に歌舞伎座座紋、鳳凰丸をあしらっているこだわりよう。
歌舞クーヘン04

『KABUKU〜へん』は花魁 八橋の十三段重ねの草履をイメージしたバームクーヘン。
表面はホワイトチョコレートで、鼻緒の柄には歌舞伎の衣装でもお馴染みの縞や青海波、麻の葉、市松文様が描かれています。

歌舞クーヘン02

喫茶「檜」で味わえるものとは異なり、お土産用にしっかり目に仕上げているとか。
確かに、生地は普通のバームクーヘンよりはやや硬め仕上げ。
ふんわり、ではなく“花魁がしっかり踏みしめたな~”といった感じのギュッとした生地。
間にサンドされているのはアプリコットのパート・ドゥ・フリュイ。

歌舞クーヘン03

『KABUKU〜へん』(かぶくーへん)の名前は
歌舞伎の語源である「傾(かぶ)く(=風体や行動が華美な様子)」とバウムクーヘンを掛け合わせたもの。
正直、見た目ほどの“傾いた”インパクトは味にはありませんが
後口に漂うアプリコットの程よい酸味が粋!。

kabukannban.jpg

こんな小さなバームクーヘンが2個で1,050円!
ややお高い商品ではありますが、パッケージもステキだしビジュアルも良し!
数ある歌舞伎座土産の中でも、これだけ趣向を凝らしたものは無い!
と思いますよ~。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

よろしくお願いします<(_ _)>
バナー
最新記事6件
ツイッターはじめました!
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード