1年の幸運はこれでキマリ!!『ガレットデロワ』

タントマリー 松屋銀座店

タントマリー(HP)松屋銀座店
松屋銀座店 B1F 営業時間/10:00~20:00

タントマリー_ガレットデロワ02
『ガレットデロワ』 1800円

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

3年ほど前から 1月になるとこれを食べるのが恒例の楽しみ!
1年の幸運を祝うフランスの伝統菓子「ガレットデロワ」です。
フランスでは新春に欠かせないお菓子ですが
ワタシにとっても、この時期にしか食べられないとあって
欠かせないお菓子なんです。

タントマリー_ガレットデロワ01

ちょっと前までは見向きもされてなかったような『ガレットデロワ』も
いよいよ日本に定着してきたようで、
最近では夕方には完売!とか
ワタシが初めてガレットデロワなるものを食べて感激した
『ビゴの店』なんて、
たくさん並んでいたと思われる『ガレットデロワ専用棚』ががらーん。
確実にゲットしたいなら予約をしてくださいね」と
お店の人に言われる始末…

いやはや、いつの間にかこのお菓子、すっかり人気者になっていたんですねー。
タントマリー_ガレットデロワ03 

でもこれ、本来の形式にならって
どーしても1月6日に食べたかった
そうじゃないとご利益がない!
そんな気がして、1月6日当日だったこともあり、予約はせず
今回は『タントマリー』の『ガレットデロワ』に。

タントマリー_ガレットデロワ04

お菓子自体はアーモンドクリーム生地のシンプルな丸いパイで、
この中に陶器でできた人形などがひとつ忍ばせてあります。

切り分けて食べたときその人形が入っていた人は王冠をかぶり、
王様・女王様として周りの人からの祝福を受け、
1年を幸せに過ごせる…と伝えられている
んです。

タントマリー_ガレットデロワ06

ちなみに『タントマリー』の『ガレットデロワ』は
誤って食べないよう、陶器の人形は別添えです。
日本ではまだ浸透していないので
誤って飲み込んじゃう人もいるらしく
お菓子の中には入れず、別添えにしている店が多いんですが
そうなると食べる前に、いや、買った時点ですでに当たってる
つまり幸運ゲット
ということになりますね(笑)。

タントマリー_ガレットデロワ05

タントマリー』はもともとフランス料理店だったので
美味しさも本格派という気がしますねー。
パイは感動的なくらいサックサク!
噛むごとに層の間からリッチなバターの香りがたちのぼります。
アーモンドクリーム生地もコクがあり、甘すぎないのもウレシイ!
『タントマリー』の『ガレットデロワ』、当たりでした!
今年は当たり年になりそうですなー。

本来はイエスが誕生した12月25日から12日目
東方の三賢者が祝いに訪れたというカトリック教の「公現節」にあたる
1月6日に食べるお菓子ということですが、
1月いっぱい扱っているお店もあるので、ラッキーになりたい人、1月に是非!
銀座スイーツ★4_イベント

Comments 0