2月から登場!『ユーハイム・ディー・マイスター』の『白雪ちゃんと七人の小人』 その①

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

2月から登場!『ユーハイム・ディー・マイスター』の『白雪ちゃんと七人の小人』 その①


JUCHHEIM DIE MEISTER(ユーハイム・ディー・マイスター)
銀座三越店


ユーハイム・ディー・マイスター(HP)
銀座三越 B2F 営業時間/10:00~20:00

白雪2ショット01
(左)『世界でいちばん美しいのは…?』 504円
(右)『幸せな結末』 546円
【※期間限定販売“白雪ちゃんと七人の小人たち”シリーズ】

癒され指数 ★★★(★3.5)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

毎回追いかけている『ユーハイム・ディー・マイスター』のコラボレーションシリーズ。
2013年2月から登場した第30弾(すごい!)はグリム童話の代表作『白雪姫』がモチーフなんですが…
今回のシリーズタイトルは『白雪ちゃんと七人の小人たち』!!!
…“白雪ちゃん”って…。
“姫”を“ちゃん”に変えたことで、まるでどこかの地方のゆるキャラにでも成り下がったかのよう…
このカジュアル感、なんだか悲しく思えるのは私だけ?
白雪_世界で01
『世界で一番美しいのは…?』 504円

オーダーするとき、照れるというか、困惑するケーキ名ですよね…。
私は「これ」と言って名前を言わずに注文してしまいまいましたが
もし「世界で一番美しいのは…?」と正式にオーダーしたら
ひょっとしたら「アナタです!」…な~んて店員さんが答えてくれるサービスが…
…あるかどうかは分かりませんが、あったら楽しいです。
言ってみるべきでした…。

白雪_世界で02

鏡をモチーフにしたチョコレートには女王の横顔が…。
ホワイトチョコレートにこういう少女漫画チックな絵がプリントされていると
幼い頃食べたぺロティを思い出します。

白雪_世界で05

土台は女王の住むお城に見立てた2段ケーキになっています。

白雪_世界で06

上段はプラリネ入りキャラメルクリームをスポンジでサンド。
下段は洋梨が入ったキャラメルムース。

白雪_世界で07

『ユーハイム・ディー・マイスター』のコラボレーションシリーズのケーキは
子供に好まれるような、分かりやすいテイスト(良い意味で)が多いのですが
これはキャラメルのほろ苦さの余韻がやや大人っぽい味。
女王様の怖さを、苦みで表現しているのかもしれません…。

白雪_幸せな01
『幸せな結末』 546円

このコラボレーションシリーズのタイトル『白雪ちゃんと七人の小人たち』は
5つのアイテムで展開されていますが、気になる“白雪ちゃん”は登場しません。
唯一、『幸せな結末』というこのケーキでシルエットを見せるのみ。

白雪_幸せな04

王子と白雪ちゃんの周りを取り囲むのは七人の小人に見立てたイチゴ!
ちゃんと7個、あります。
この日のイチゴが良かったのか、イチゴが激甘!
小人たち、いい仕事してます!

白雪_幸せな05

チョココーティングしたサクサクのタルトの中には
オレンジとマンゴーのクリーム。
柔らかな酸味と甘味が優しく広がります。

白雪_幸せな06

ソフトなスポンジ、サクサクのチョコタルト、
柔らかいクリームに、カリカリのピスタチオ。
食感も多彩な上、オレンジの酸味とマンゴーの甘みとイチゴのみずみずしさ…
と味わいもいろいろありつつ、そしてまさにケーキ名の通り「幸せな結末」へ導いてくれる、
そんなハッピーな味わいのケーキです。

※『ユーハイム・ディー・マイスター』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『ブレーメンの音楽隊』その①
『ブレーメンの音楽隊』その②
『ブレーメンの音楽隊』その③
『ドイツの妖精たち』その①
『ドイツの妖精たち』その②
『オオカミと7匹の子ヤギ』
『灰かぶり姫』
『ハーメルンの笛吹き男』
『ドイツのメルヘンオペラ』
『ドイツのこどものうた』
『ダブルクリームシュー』

※『ユーハイム』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『マロンプリンハイム』【大丸東京店限定】
『バウムクーヘンの日限定 バウムクーヘン』
[ 2013/03/05 21:54 ] かわいいスイーツ | TB(0) | CM(2)
ペロティ‥‥わかりますっ。あの精緻なデザインは、アニメとコラボ製品の多い今でも十分通用すると思うのですが、なくなってしまい残念です。
以前あった「白バラ姫と紅バラ姫」は、私の子供時代は「雪白ちゃんとバラ紅ちゃん」という名でした。
庶民の姉妹が"姫"で、王の娘が"白雪ちゃん"‥‥いや、美味しければどうでもいいんですけれど。
と言いつつ、寄った三越で猫のパッケージに負けて、ホワイトデー用のバームクーヘンを買ってしまいました。

ユーハイムは安定したブランドと味なので誰に贈っても安心な代わりに、ネーミングやパッケージに惹かれないと選択肢から外れるという両刃の剣な面がある気がします。
生意気なことを書いてしまい申し訳ありません。
もうすぐお彼岸なので、グルメだった姉のために貴ブログの記事を検討している最中です。
やっぱりたねやでしょうか。でも、芽吹き屋も捨てがたいです。
楽しいことを悩んでいる時間は本当に幸せですね。いつも感謝の念にたえません。ありがとうございます。
[ 2013/03/07 20:52 ] [ 編集 ]
◆ゆうサマ
ええ!?ペロティってもう無いんですか?残念~。
「白バラ姫と紅バラ姫」が「雪白ちゃんとバラ紅ちゃん」…確かに“ちゃん”付けの方が親しみが持てますよね~。でも白雪姫ぐらいメジャーなお話だと、“ちゃん”付けにはやや抵抗が(笑)。いや、美味しければ確かにどうでもいいんですけどね(笑)。
猫のパッケージのホワイトデー用のバームクーヘン、それはノーチェックでした。
“白雪ちゃん”に気をとられていました。今度見てきます!

そうですね、もうすぐお彼岸ですね~。その前にホワイトデー。
スイーツ界はいろんなイベントがあって忙しいです、食べるのが(笑)
[ 2013/03/07 22:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

よろしくお願いします<(_ _)>
バナー
最新記事6件
ツイッターはじめました!
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード