「山ぎん」銀座8丁目 うれしいギャップでお腹も心も満たされる!「ポークジンジャー」と「ハンバーグ」

山ぎん
東京都中央区銀座8-7-16 地図はコチラ
昼 11:30~13:00(L.O)
夜 17:30~23:00
定休日 土・日・祝
◆土日祝ランチ情報◆ ランチは平日のみ 土日祝はお店が定休日
ボリューム ★★★☆☆(★3.5)
また行きたい度 ★★★☆☆
やまぎん_ポーク02
ポークジンジャー 1,000円
ご飯・味噌汁・漬物付き
やまぎん_ポーク01

生姜焼きは1枚20cm近くあるかなと思われる豚肉が3枚とダイナミック!
脇にはたっぷりの野菜も添えられて見ごたえはもちろん、食べ応えのある一皿です。

やまぎん_ポーク05

大判の豚肉なので「噛み切れるかな…」と不安でしたが心配ご無用の柔らかさ。
このボリューム感、そしてしっかりと濃い目の味付けのしょうが焼きは
学生時代を呼び戻すようなちょっと懐かし風味。
ブラックペッパーがピリッときいているのも魅力。

副菜

生野菜のそばに煮物も添えられているんですが、これがなかなか美味しい!

ご飯味噌汁

味噌汁は、日替わりなのか定番なのか分かりませんが、この日は具沢山の豚汁。
ご飯はお替わりできるのか分かりませんが、おかずでお腹が膨れてしまい
ご飯飯お替わりまで至らず。

もう一品
やまぎん_ハンバーグ01
デミハンバーグ 1,000円
ご飯・味噌汁・漬物付き

やまぎん_ハンバーグ04

ポークジンジャーに負けじとこちらもボリューミーなハンバーグ!
でも肉感よりもフワフワッとしたソフトな食感が心地良くどんどん食べ進んでしまいます。

やまぎん_ハンバーグ07

表面に焦げ目がほとんどついていなかったので、
フライパンではなくオーブンで焼いているのかもしれません。
焼き目の香ばしさはないものの、柔らかくて優しくて
そしてちょっと酸味のあるオードソックスなデミソースが、これまた懐かしさを募らせます。

メニュー

ずっと気になっていて何度か入ってみようと試みていたお店のひとつ。
入り口が狭く、中が見えないため、1000円前後のランチとはいえ、ちょっと勇気がいるんですよね。
しかも玄関まで玉砂利が敷かれた小路で、高級割烹を連想させる演出にちょっとドキドキ…。
入ってみるとガラリと雰囲気が変わり、カジュアルな雰囲気。それはそれでビックリ。
味のほうも、意外にもホッとするような家庭的な味だし、ボリュームは満点だし
いろいろギャップが激しいです。もちろん、嬉しいギャップですが。

やまぎん_看板外観

ギャップといえば、ご主人のヘアースタイルがなかなか個性的!
手入れが大変じゃないですか?と聞いたら「夫婦のコミュニケーション」と
これまたほっこりする言葉が返ってきました。
奥様にカットしてもらってるそうです。
寒い季節になんだかあったかくなる、お腹も心も満たされたランチタイムでした。

Comments 0