デパ地下弁当@大丸東京 『神田志乃多寿司』の『いなり・かんぴょう巻き』

神田志乃多寿司 大丸東京店

神田志乃多寿司(HP
大丸東京店 B1F 営業時間/10:00~21:00(月~金)10:00~20:00(土日祝)

志乃田すし01
『いなり・かんぴょう巻き』 8個入 767円

また食べたい度 ★★★★☆

明治35年創業。いなり寿司とのり巻が創業当時から続く人気メニュー。
その両方を詰め合わせたお弁当は7個入・8個入・9個入・10個入・12個入・16個入と
小刻みに用意されています。
週末ともなるとデパートの閉店まで残っていることはほぼない、大人気のお弁当です。

志乃田すし07

包装紙はお菓子のパッケージを思わせる、懐かし・かわいい系。
これは鈴木信太郎さんという洋画家の方が手掛けたもので、
その包装紙を外すと、また異なる絵柄が登場。
こちらは谷内六郎さんという、長年「週刊新潮」の表紙絵を描いていらっしゃった画家のもの。
パッケージが二人の画家のコラボ、というところからも
このお弁当の凄さが分かるというものです。
志乃田すし02

名物のお稲荷さん。
ジューシーに炊き上がった油揚げはふっくらとしていて甘く、コク満点。
寿司飯の中には酢漬けのレンコンが入っていて
これがたまらないアクセントを生み出しているんですよね~!!
ちょっとした感動を与えてくれるお稲荷さんです。

志乃田すし03

その感動をさらに上回ったのが、かんぴょう巻きのクオリティの高さ!
かんぴょう巻きってこんなに美味しいものだったなんて!!
今まで食べたかんぴょう巻きとは別次元。絶品です。

志乃田すし04

しっとりと甘辛く仕上がったかんぴょうは、むっちりとしていて
ちょっとカラメルっぽい香ばしさが魅力的。
これまで率先して食べたことなどなかったかんぴょう巻きでしたが
ここのかんぴょう巻きなら真っ先に!

これを食べた後、すっかりかんぴょう巻きにハマッてしまい、いろいろ食べましたが、
なかなかこれを越えるものは現れないですねぇ。

手土産にもオススメのお弁当です。

Comments 0