Welcome to my blog

巳年にちなんで…?『チカリシャスNYアマリージュ』の、その名も『コブラー』

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

チカリシャス ニューヨーク アマリージュ 松屋銀座店

ChikaLicious NY amarige(HP)
松屋銀座店 B1F 営業時間/10:00~20:00

コブラー_4ショット01
『コブラー』 1個 181円
(手前左から時計回りに)
『フィグ』/『チョコバナナ』/『ポワール』/『ストロベリー』
賞味期限/7日程度

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

NYでデザート・バーとして、人気を集める“ChikaLicious(チカリシャス)”。
日本人のオーナーシェフ、千加・ティルマンさんがオーナーパティシェをつとめるお店。
その日本初の店舗が、2011年、表参道に『チカリシャス NY アマリージュ』として誕生。
昨年から松屋銀座店にも出店、テイクアウトできるようになりました。

コブラー_4ショット05

この店の人気は『パフボール』というシュークリームのようなお菓子ですが
今回は巳年にちなんで…(笑)『コブラー』という焼菓子に。
コブラー_フィグ05
『フィグ』181円

『コブラー』はアメリカではポピュラーなホームメイドのスイーツの一つで
“いろいろな果物の上にビスケット生地をのせ、オーブンで焼き上げた焼菓子のこと”。
イメージ的には“フレッシュなフルーツタルトを引っくり返してオーブンで焼いてしまったものに近い”とのこと。

コブラー_フィグ03

一番のオススメは『フィグ』こと“イチジク”。
表面はホロホロッとしたクランブル状の生地。
サクサク生地の間にはイチジクのコンフィチュールがサンドされています。

コブラー_フィグ04

外側はサクサクと軽快ですが、中はややしっとりとしていて半生状という感じ。
この絶妙な食感、気に入りました。
イチジクのコンフィチュールも濃厚で、プチプチ感が心地良く後口に響いて
素朴で味わい深い美味しさ!
4.5cmの正方形の小さなお菓子ですが、満足感は大!

コブラー_苺01
『ストロベリー』 181円

フリーズドライの苺が鮮やか!

コブラー_苺05

キュンと甘酸っぱく、これまた濃厚な苺のコンフィチュールが魅力的。

コブラー_チョバナ01
『チョコバナナ』 181円

チョコバナナは一番分かりやすい味だろうな~、なんて思っていたら、
バナナのジューシーさに驚きました!

コブラー_チョバナ04

コブラー_チョバナ05

まるで生のバナナを味わっているかのようなフレッシュ感!
チョコバナナというと甘いイメージですが、
バナナの素朴な甘さと、甘さ控えめでほろ苦さを感じさせるチョコの組み合わせは
意表を突いていて面白い!

コブラー_梨01
『ポワール』 181円

個人的に洋梨好き、というのもありますが、
一口ですっかり気に入ったのが『ポワール』。

コブラー_梨03

洋梨のコンフィチュールの、とろりと滑らかな食感と
濃厚で香り高い甘さが生地と贅沢にマッチしておりました!

コブラー_梨04

フルーツタルトよりも、フルーツのフレッシュ感を感じさせてくれるような、そんな不思議なお菓子。
アメリカの定番のホームメイドのお菓子というので、
勝手に“素朴で大味なお菓子のイメージ”を抱いていたのですが、
繊細で洗練された味わい。そしてやっぱりどこか懐かしい感じ。

コブラー_4ショット02



『コブラー』なんて、ちょっと怖い響きでしたが
全く逆の、とっても優しくてキュートなお菓子。
ドライフルーツが好きな人には特に喜ばれそうなスイーツです。

Comments 2

There are no comments yet.
しぃ  
始めまして。

おいしそうですね。
いつもランチなどとても参考にさせて頂いてます。

そろそろバレンタインですね。楽しみにしています。

チーム*プロデュース  
◆しぃサマ

はじめまして!コメントありがとうございます!

本当だ!もうバレンタインシーズンですよね。
毎年節分が終わったあたりから、スイーツ担当Mが
勝手にバレンタインスイーツ特集をお届けしていますが
なにしろ渡す相手がいないので…
自分専用のチョコを選んでいるため、かなりマニアックなチョイスばかりなんですよね~。
でも、今年もいろいろ探して食べまわって、
しぃさんに参考にして頂ける情報をお届けできるように頑張ります!