東京駅丸の内駅舎グランドオープン記念!限定東京駅土産 ~その1 『豆一豆』

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

東京駅丸の内駅舎グランドオープン記念!限定東京駅土産 ~その1 『豆一豆』


東京あんぱん 豆一豆(まめいちず) エキュート東京店

JR東京駅構内1Fサウスコート エキュート
営業時間/8:00~22:00(月曜~土曜) 8:00~21:00(日曜・祝日)

豆一豆_2ショット01
(左)『東京駅レンガぱん』 250円
(右)『もちもちあんぱん』 160円


癒され指数 ★★★(★3.5 東京駅丸の内駅舎グランドオープンを迎えた今ならタイムリーな手土産に!)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

10月1日、東京駅丸の内駅舎が1914年の誕生当時の姿に保存・復原され、グランドオープン!
東京駅構内のあらゆるお店で記念商品が登場、大いに盛り上がってます。
この週末の三連休も全国から観光客が訪れて賑わいそう!
…というワケで、今話題の、今だけ限定の東京駅土産をご紹介します。
まずは、東京駅構内・エキュート東京のあんぱん専門店の『豆一豆(まめいちず)』。
豆一豆_レンガ01
『東京駅レンガぱん』 250円

『東京駅レンガぱん』は『東京レンガぱん』としてオープン当時からあった商品。
焼印を“東京駅”に変えてプチリニューアルしたようです。

豆一豆_レンガ02

東京駅の象徴である赤レンガをイメージして作られたあんぱん。

豆一豆_レンガ03

生地にも甘納豆が仕込まれており、
中には赤練あん(こし餡)とカスタードクリーム。

豆一豆_レンガ04

カスタードクリームはホイップクリームが隠し味で口溶け抜群。
甘くなく、またスーッと溶けてしまうため、カスタードクリームというよりホイップバターのような印象。
赤練あんが甘いので、クリームとのバランスも非常にイイです。

豆一豆_もちもち01
『もちもちあんぱん』 160円

こちらも以前からあった商品ですが、以前は縦に“東京”の焼印でした。

豆一豆_もちもち04

もともと平焼きタイプのあんぱんでしたが
以前より平たく、そして大判になったのは
“東京駅”と横に3文字並ぶスペースが必要だったからでしょうか…。

豆一豆_もちもち05

ただ、大判になった分、薄っぺらになりました。
ただ、この薄っぺらが功を奏したようです。
つぶしたことにより生地の端までビッシリと餡が詰まっているので、
鯛焼きの尻尾まで餡が詰まっているような、そんなありがたみがあります。

豆一豆_もちもち06

中には求肥も入ってます。
以前の中途半端な厚みではイマイチだったのですが
ここまで生地が薄くなると、生地と求肥の一体感が非常にイイ!
薄くなった分、生地の表面が香ばしく仕上がっていて、
サクッとそしてムッチリとの食感がちょっと“ナン”のようでもあり…。
“東京駅”バージョンのほうが、美味しくなった気がします。

豆一豆_2ショット02

かなり渋い文字の焼印にチェンジとなりましたが
この“東京駅”の文字体って当時のものなんでしょうかね?
ちなみに“東京駅”の焼印入りあんぱんは今回紹介した2種類の他、もう1種類あります。

東京駅の手土産として非常に分かりやすく、
そして誰にも好まれる“あんぱん”ということで
新幹線にも負けない速さで人気急上昇中のよう!

※『豆一豆』の過去のレポート記事はコチラ
『東京レンガぱん』『つぶあんぱん』『豆褒美』『小豆りんごパイ』『もちもちあんぱん』
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バナー
最新記事6件
Twitter
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード