Welcome to my blog

憧れの“高嶺の花”スイーツ!『ピエール・エルメ・パリ』の『イスパハン』

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

PIERRE HERMÉ PARIS(ピエール・エルメ・パリ) 日本橋三越店

ピエール・エルメ・パリ(HP
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越 本館B1F
営業時間/10:00~20:00

イスパハン01
『イスパハン』 840円

癒され指数 ★★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

私にとって長年憧れ続けたスイーツ、それが『ピエール・エルメ』の『イスパハン』!
芸術的な美しさ、麗しさ、ヴィヴィッドな配色なのに上品、それでいて味は官能的という
まるで男性を虜にしてしまう大人のオンナの魅力満載!
…そんなイメージだったため、ショーケースの前に行ってもオーラが凄くてとてもオーダーできない!
その上、1個840円、とお高いこともあり、なかなか手が出せませんでした。
イスパハン05

バラの香りのマカロンにバラのクリーム、周囲にはフランボワーズの果肉がぐるり。
さらに中央にライチが潜んでいます。

イスパハン02

クレオパトラが愛したバラの香りに、楊貴妃が愛したライチ入り…
世界三代美女のうちの2人が愛したフレーバーが重なってると考えるとやはり恐縮しちゃうんですよね。
キレイで高貴なお方しか食べちゃいけない感、ムンムンなんですもん。
まさに高嶺の花!

イスパハン06

マカロンはサクッ!の直後にしっとり、そしてバラの香りがふんわり!
この時点ですでにウットリなんですが、
ローズクリームの優雅な香りに追いかけられ、まるで魔法にでも掛かったかのように恍惚…。
さらにフランボワーズのキュートな甘酸っぱさが駆け抜け
トドメはライチの妖艶な香り!
放心状態です。

イスパハン07

一口食べて、いろんなモノがドバーッと一気に溢れ出す、そんな感じ。
きっと女性ホルモンも溢れ出している気がします。
これを食べている間は、どんな年齢の女性でもきっと“乙女”になれます!

今回はたまたま、『イスパハン』を食べる機会に恵まれましたが
女子的要素がすっかり枯れかけているオバフォーの私、
これ、定期的に食べないといかん!と実感…。
憧れスイーツは、私のオンナ部分を目覚めさせてくれる救世主スイーツになりました。

※『ピエール・エルメ・パリ』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『マカロン』 

Comments 0

There are no comments yet.