銀座の夏!オリンピックの夏!鮮やかな日の丸カラー 『虎屋菓寮』の『苺みぞれ』

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

銀座の夏!オリンピックの夏!鮮やかな日の丸カラー 『虎屋菓寮』の『苺みぞれ』


虎屋菓寮 銀座店

とらや(HP虎屋菓寮
東京都中央区銀座7‐8‐6 2F
営業時間/11:30~19:30(月~土曜)11:30~19:00(日・祝)
定休日/なし
とらや_苺みぞれ01
『苺みぞれ』 1260円
【※とらや銀座店限定 9月中旬まで】

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

約480年の歴史をもつ老舗和菓子店『とらや』。
『とらや』といえば“羊羹”があまりにも有名ですが
銀座の夏に限っては、“羊羹”よりもこちらが看板になりますね。
2階の甘味喫茶で楽しめる銀座限定の『苺みぞれ』。
とらや_苺みぞれ02

サイズは小と大があり、小は半分ぐらい(半分以下?)のサイズで840円。
大は1260円。
かき氷とは思えない価格ですが、安さをとって小を食べるぐらいなら、
いっそのこと大を食べたほうが迫力もあり、お徳だと思われます。
練乳や白玉はそれぞれ+105円でトッピング可能。

とらや_苺みぞれ08

鋭角的なとんがりかき氷。先端から鮮やかな紅色に染まってます。
恐らく多くの人が「1260円も払ってイチゴのかき氷を食べるなんて…」と思われることでしょう。
でも一口味わえば納得。これは普通のイチゴのかき氷とは全く別モノなんです。

生の苺をつぶして作った苺蜜は、適度にとろみが残っていてまるでピューレやジャムのよう!
ちょっと“洋”なテイストを感じさせる濃厚な蜜なんです。
濃厚な中にもフレッシュな苺の甘酸っぱさが残っていて、甘すぎずサッパリとした後口。
そして余韻にウットリ~。

とらや_苺みぞれ03

ぐるりと氷を囲むのは苺羹。この辺りが『とらや』らしいワンポイントですね~。
キラキラと美しく、涼しげ。

とらや_苺みぞれ04

氷は、ふんわりした中に適度に粒が残った感じ。

とらや_苺みぞれ09

そして氷の中にはなんと白餡!これは珍しい。
そしてこの白餡の登場で味がガラリと変わるのも面白い!

とらや_苺みぞれ010

苺蜜と白餡が醸し出す新たな甘さは上品で、インパクトもあります。
最終的には苺餡の甘さでフィナ-レ、といったところでしょうか。
サスガ「とらや」!!と、唸らせる完成度の高いかき氷です。
…いや、かき氷というより『とらや』の上生菓子を食べているといったほうが正しいかも。

そういう意味で、普通の苺のかき氷を食べたいと思ってオーダーすると
「ちょっと違う」ってことになるのでご注意。

とらや_苺みぞれ011

この時期の休日はかき氷目当ての人で特に午後は混みあい、“待ち”は当たり前。
午前中~お昼までに足を運ぶのがおススメです。

※『虎屋菓寮』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『宇治金時』
[ 2012/08/07 23:21 ] 銀座_スイーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

よろしくお願いします<(_ _)>
バナー
最新記事6件
ツイッターはじめました!
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード