銀座のど真ん中で味わう!『鹿乃子』のかき氷

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

銀座のど真ん中で味わう!『鹿乃子』のかき氷


銀座 鹿乃子 本店

鹿乃子(HP
東京都中央区銀座5-7-19 1F・2F
営業時間/10:00~20:30(月~木・日)10:30~21:00(金・土・祝)
2Fの和喫茶は19:00閉店(18:45L.O.)
定休日/なし
鹿の子_氷あんず01
『氷あんず』 1280円

癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

そういえばまだ今年は毎夏恒例の「氷あんず」を食べていなかった!
…というワケで、実は別のかき氷目当てで行った『鹿乃子』で今年初の「氷あんず」です。
鹿の子_氷あんず09

『鹿乃子』といえば『あんみつ』が有名ですが、
そのあんみつをはじめ甘味や軽食が、2Fの和喫茶で頂けます。  

鹿の子_氷あんず02

1000円超えの、なかなかいいお値段の「氷あんず」なので、
かなり期待していましたが、登場したのはボリュームも見た目も至ってオーソドックス。
杏が3つと中央にさくらんぼ。

鹿の子_氷あんず013

氷は細かく、フワフワではなくシャクシャクしたタイプ。
冷たさがストレートに舌に伝わるので、暑さを一気に奪ってくれます。
かき氷らしいかき氷です。

鹿の子_氷あんず03

シロップは甘さも酸味も控えめ。
「氷あんず」好きにはやや物足りないかなー…。
あんずも固めなのがちょっと残念。

鹿の子_氷あんず07

掘っていくと、底には杏のシロップと杏が2つ。
杏のピューレとか、何かお楽しみ的なものが入っているかな…なんて期待しましたがハズレ。
底の2個の杏は、氷の冷たさでよりしまって固さが増していて、個人的には残念でした。
でも、この潔いくらいのシンプルさ、これが「氷あんず」の王道といえば王道といえるような気もします。

鹿の子_さくら茶

さくら茶が付いてきます。夏にさくら茶って、そういえば飲んだことなかったかも。
このさくら茶のほのかなしょっぱさ、甘いかき氷には合いそうですね。
…ただ「氷あんず」の場合は甘さも酸味もかなり控えめだったので、
逆にさくら茶との相性はよくなかったかも。

鹿の子_メニュー

トッピングをするとさらにお値段アップになるので
ちょっとランクのいいランチが食べられそうな価格です…。

鹿の子_氷あんず012

銀座4丁目の交差点にほど近い、いわゆる超一等地にあるからこそのお値段。
店内はちょっと古いタイプの喫茶店といった感じですが
この2Fで晴海通りを見渡しながら味わうのは、なかなか気分がいいもんですよ~。

※『鹿乃子』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『氷あずき つぶし餡入り』
『和の菓匠 創作ソフトクリーム ミックス』
『七夕の夕べ(彦星)』(※2010年七夕スイーツ)
『銀座の星あんみつ』(※2009年七夕スイーツ)
『水ようかんバウム』(※2009年7月6日までの限定販売)
[ 2012/07/31 22:31 ] 銀座・有楽町 カフェ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バナー
最新記事6件
Twitter
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード