月9では活躍中なんですが… 「ケーニヒスクローネ」の柚子風味「餅スティックパイ」

ケーニヒスクローネ 日本橋三越店

ケーニヒスクローネ(HP
日本橋三越 本館 B1F

ケーニヒスクローネ_餅スティックパイ01
『餅スティックパイ』 1本 126円

癒され指数 ★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

ケーニヒスクローネ_栗スティックパイ01
『栗スティックパイ』 1本 126円

癒され指数 ★★★(3.5)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

神戸生まれのドイツ菓子のお店『ケー二ヒスクローネ』。
王冠のクマさんのトレードマークでも知られる、
パイをはじめとした焼き菓子の美味しいお店です。

「出来立ての限定販売ですー」との声に近付けば
店頭に並んだパイが飛ぶように売れていくではありませんか!
覗き込むと残りわずか!
焦りを覚え、即購入しました。
そう、典型的な“限定”好きなんです…。
2種類のうち、圧倒的に売れていた方が
『餅スティックパイ』 1本 126円

ケーニヒスクローネ_餅スティックパイ02

あんが入って
しかも“ゆず風味”ってトコにそそられるんでしょうねー。
しかし…

ケーニヒスクローネ_餅スティックパイ03

サクサクのパイの層から香り立つバターの芳醇な風味!このクオリティでこの値段はお見事!!
餅とあんの絶妙なコンビネーション!お見事!!

…とここまでは合格なのに…

このゆずの風味が、ねえ…これが邪魔なんですよー。

“ゆず”といえば新しく始まった月9のドラマ『イノセント・ラヴ』では
“ゆず”の北川悠仁がイイ味出して活躍してますが
こちらの“ゆず”はですねぇ、舞台を間違えたんじゃないか・・・と。
そう思うぐらいの違和感なんです。
和に寄り過ぎた和洋折衷の悲劇、といったところでしょうか。残念。


で、餅バージョンほど売れていなかったのが
『栗スティックパイ』 1本 126円

ケーニヒスクローネ_栗スティックパイ02

実はこっちが断然、美味しかったんですよー!
栗がゴロン、と入っているのかと思ったら 細かく刻まれた栗がぎっしり!

ケーニヒスクローネ_栗スティックパイ03

この刻み栗がどう出るのかなーと思ったら
かなりイイ感じに餡と絡み合うあう!
さらにパイの風味と豊かに混ざり合い、後口にナッツがザクザクっと弾ける!!
126円とは思えない満足感を与えてくれます!

どちらにするか迷った場合、誰かにあげる場合も、
栗のほうがいい、と私は思うなぁ…。
意外性を求めるなら餅バージョンということで…。

※『ケーニヒスクローネ』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
『アルテナ』
『抹茶ゼリー』『杏仁マンゴー』『コーヒーゼリー』
『新ロールケーキ』
『マロンシュー』
『クローネタルト』

Comments 0