口の中に懐かしさと春が到来!『洋菓子のフランセ』の春限定の和風ミルフィユ

洋菓子のフランセ 東京駅一番街店ほか

洋菓子のフランセ(HP
東京駅八重州北口1F 東京駅一番街おみやげプラザ
営業時間/9:00~20:30(月曜~金曜) 9:00~20:00(土・日曜)

フランセ_さくら&うめ04
『ミルフィユセレクション さくら&うめアソート』 6個入 630円
【※春限定商品】

癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

デパ地下ではなく、イオンやイトーヨーカドーといった
ショッピングセンターで見掛けることが多いせいか
『フランセ』はカジュアルなスイーツメーカーといった印象ですが
そんな『フランセ』の看板である『ミルフィユ』は
1992年~2011年、なんと20年連続で『モンドセレクション』受賞という
実はクオリティがメチャメチャ高い逸品!

フランセ_さくら&うめ03

そんな『フランセ』の『ミルフィユ』に今だけの春味が登場!
『さくら』風味と『うめ』風味。
和風のミルフィユって今やそんなに珍しくはないとはいえ
『うめ』味って?まさか酸っぱいミルフィユ?
気になったら食べないワケにはいきません。
フランセ_さくら01
『さくらスイート』
さくらのクリームをサンドしたパイをスイートチョコでコーティング。

フランセ_さくら03
さくらクリームの淡~いピンクがキュート!
見ただけでウキウキする色合いで、春気分に。

フランセ_さくら05
周囲のスイートチョコの甘さが強いため
さくらの風味は思ったほど感じられないものの、
サクサクホロホロッとしたパイ生地と、儚く消える桜の香り…。
まるで口の中に桜の花びらがはらりと舞い落ちたような感じ。
春の到来を優しく告げるまろやかなおいしさ。

フランセ_うめ01
『うめ』
パッケージがカワイイ!
梅風味はホワイトチョコのコーティング。

フランセ_うめ06

パッケージが赤だし、梅だから、中のクリームも赤をイメージしていたら
サンドされているのは優しい黄緑色の梅クリーム。
ニクイですね~。
こちらの断面もパステル調で、いかにも春らしくてイイ!

フランセ_うめ05

さて、肝心のお味はというと…。
梅味とはいえ、心配したような酸味はありません。ご安心を。
でも酸っぱくなくても紛れもなく、「これは“梅”味!」と思わせる
この懐かしい風味って…。
あ!アレです。
ちょっと“梅仁丹”の味に似てる。
いや似てるというより、あの味を思い出す味なんです。
梅仁丹を知る、ある一定の世代には懐かしさを覚える味ではないでしょうか。
(そうえいば梅仁丹、いつのまにか廃盤になっていたんですね)

フランセ_さくら&うめ06
この梅クリームが意外にもホワイトチョコとマッチして
なかなかこじゃれた美味しさを醸し出してます。
個人的にはこのミルフィユに関しては桜より梅派かな~。

かなり久々に『フランセ』のミルフィユを頂きましたが
昔食べた時より数倍も美味しく感じられ
「こんなに完成度高かったっけ?」と改めてその実力を思い知らされました。
定番のミルフィユも、今一度しっかり味わってみなくては!

Comments 0

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック