降参です!元祖ミルクレープといえばココ 『南麻布ペーパームーン』

【※閉店しました】
南麻布ペーパームーン

南麻布ペーパームーン(HP
東京都港区南麻布4-12-26
営業時間/10:00~26:00 (月~土) 10:00~25:00(日・祝日)
定休日/なし
南麻布ぺーパームーン_ミルクレープ02
『ミルクレープ』 1個 735円

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)
価格的に癒されないので★5とはいきませんでしたが…。

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

ミルクレープ』を日本で初めて提供したという
ミルクレープ』のパイオニア・『南麻布ぺ-パームーン』。
東急フードショーで今日まで出店とあって
なかなか本店まで買いに行けないし、
今日が最終日だし!!
…と勢いで買ってしまいました。

だって1個735円ですよ!!
それも長さ12?×高さ4cmの、決して大きいとはいえない、スマートなサイズ!
あの『ペーパームーン』の有名な『ミルクレープ』!と知ってはいても
何か背中を押すキッカケがないと、やはり購入をためらう価格ではあります…。

南麻布ぺーパームーン_ミルクレープ01

いまやコンビニのミルクレープやスーパーで売ってる『モンテール』のミルクレープも
かなりいいセンいってるじゃないですか…そんなミルクレープに1個に735円…。

しかし!
参りました!
735円でも、もうこれはしょうがないです。
そんな恐るべき美味しさなんです。
さ、サスガ元祖!と納得させられる、まさに他の追随を許さぬお味です。
南麻布ぺーパームーン_ミルクレープ04

クレープとクリームを淡々と重ねただけのものが何故ここまで美味しいのか…。
いろんなフレーバーやフルーツをさんざんデコレーションして成り立っているケーキの立場は!?
…そんなことを考えずにはいられません。

フレッシュな牛乳でつくったカスタード入りの特製クリームを
1枚1枚職人さんが丁寧に焼き上げたクレープ生地にサンド。
表面はカラメルでこんがりと焼き上げられていてそこが甘めに仕上がっていますが
基本的には濃厚なクリームとやわらかなクレープで展開、優しい味わいに仕上がっています。

南麻布ぺーパームーン_ミルクレープ03

クレープとクリームの層が細やかで、層になっていることを忘れるくらい
口に入れると一体となってすーーっと鮮やかに溶けていくんですよねぇ。
せっかく重ねた層が口に入れると一つにしか感じられないというのは
作り手にとってはどうなんでしょう…切ないんでしょうか…。
でも食べ手には、それこそ何層倍もの美味しさと幸せが訪れる
そんな感動モノのミルクレープ!!です。

南麻布にある本店のカフェは、芸能人が多数訪れることでも有名ですが
最近ではセレブ女医・西川史子さんがデートでよく使っているとか…。
きっと彼女もこの『ミルクレープ』を食べているんだろうなー。
というわけで束の間、セレブ気分も味わえます。
東京スイーツ★4_スイーツ

Comments 0