銀座三越で開催中“愛媛フェア”で話題の『みかん大福』に遭遇

永久堂  銀座三越
【※2012年2月20日まで期間限定出店】→出店期間は終了しました

永久堂(HP
【本店】愛媛県新居浜市又野1‐4‐32

みかん大福01
『みかん大福』 1個 315円

癒され指数 ★★★ 
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

20日まで銀座三越B2Fで開催中の『愛媛フェア』。
そこで発見したのが愛媛県今治市で大ブームの「みかん大福」。
愛媛県産のみかんを丸ごと包んだという大胆な大福です。

みかん大福02

「いちご大福」が市民権を得た今、大福に何を包んでもOKという風潮になりつつある気が…。
それにしても大福の包容力には頭が下がります。
「みかん大福」を誕生させたのは
確か愛媛県今治市の和菓子処の店主となった男性の外人の方だったと記憶していますが
今では今治名物としていろんなお菓子店で手掛けているようです。
ちなみにこちらの『永久堂』は新居浜市の洋菓子屋さん。

みかん大福06

このお店の『みかん大福』は愛媛みかんの中でも最も甘いとされている日の丸みかんを使用。
みかんの周囲を取り囲むのは白餡の層。
丸ごとみかんと白餡を大福の皮がすっぽりと受け止めています。

みかん大福03

普通に上から縦にカットすると↑のような断面になります。
みかんの輪切りが見えるようにカットしたい場合は横から切ると、
いわゆるみかんらしい断面が楽しめます。

かぶりついた途端、果汁がジュワッと弾けます!
甘くジューシーなみかん果汁に白餡がまろやかさをプラス。
ただ、大福の薄皮が柔らかく溶けていくのに対して
みかんの筋が後口に残るのがちょっと……。
このみかんがたまたま筋張っていただけかもしれませんが。

みかんぷりん02
『なめらかみかんぷりん』 315円

「平成20年度牛乳・乳製品利用料理コンクール愛媛県大会最優秀賞受賞」
のプリンとのこと。
みかんぷりん04

表面に浮かぶ鮮やかなオレンジはみかんソースではなくゼリー。
「華みかんジュース」を使ったゼリーで、みかんの美味しさ・爽やかさが凝縮されてます。
その下は昔懐かしいタイプのプリン。
“なめらかぷりん”というネーミングでしたがトロトロなタイプではなく
程よい柔らかさ。
プリン自体にみかん果汁は加わっておらず、玉子の風味が濃厚。

みかんぷりん05

みかんのゼリーとプリンをあわせて食べると、
みかん風味のヨーグルトっぽい味わい。
想像していたほど“みかんみかん”していないプリンです。
底のカラメルソースも、「もしやみかん風味?」との期待をよそに
普通の香ばしいカラメルソース。

みかんぷりん09

ご当地スイーツって地元の素材を強調させるものが多いのに
このプリンに関しては控えめ。
ちなみに『永久堂』の看板商品は瀬戸内レモンをたっぷり使ったバウムクーヘン、とのこと。
(こちらも今回販売されてます)
地元の素材を主張する商品、逆にアクセント程度に抑える商品など、
いろいろ工夫された“愛媛”の味が楽しめます。

Comments 0