Welcome to my blog

不二家数寄屋橋店限定 『ミルキーパイシュー』トリオ!

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

不二家 数寄屋橋店

不二家(HP
数寄屋橋店:東京都中央区銀座4-2-12クリスタルビル1F
営業時間/10:30~22:30(月~金) 10:00~22:30(土) 10:00~21:30(日・祝)


(手前から奥に)
『ミルキーパイシュー チョコレート』 1個 240円
『ミルキーパイシュー いちご』 1個 240円
『濃厚ミルキーパイシュー』 1個 240円
【※全て数寄屋橋店限定商品】

癒され指数 ★★★(3.5 このボリューム感で240円は悪くない!)
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

『不二家』の数寄屋橋店限定で販売されている『ミルキーパイシュー』。
久々にのぞいたら、チョココーティングされたフレーバーが3つも増えていました。
いつのまに…。

3syot04.jpg
この『ミルキーパイシュー』は
『不二家』の代名詞ともいえる『ミルキー』の味を意識した練乳っぽい生クリームが
パイシュー生地にたっぷり詰め込またもの。
さらに専用包み紙でくるんで、これまたミルキーっぽさを表現しているのも特徴です。
パッケージ
包み紙をよく見ると『GINZA数寄屋橋』とプリントされてます。
この店限定商品であることをさりげなくアピールしてるワケです。

チョコ06
『ミルキーパイシュー チョコレート』 1個 240円

見た目、ゴツゴツ感のあるハードな印象のパイシュー生地ですが
歯ざわりはサクサクでデニッシュに近い食感。
発酵バターの香りがふわーんと広がります。

チョコ08

表面にはたっぷりチョコレートが掛かっていて
中にはチョコレート味の練乳クリームがこれまたぎっしり。

チョコ05

チョコ×練乳なのでそこそこ甘いチョコレートクリームではありますが
思ったほどしつこくありません。
エクレアが好きな人には気に入ってもらえそうな味。

ホワイト04
『濃厚ミルキーパイシュー』 1個 240円

チョコレート味と比べると、表面のホワイトチョココーティングが少なめ…。
ケチってるの?と思いつつ食べたら、なるほど、分かりました。
ホワイト05

中のクリームが従来の練乳風味をさらに濃厚にしたものなので
それだけで結構甘いんですね~。
そこにホワイトチョココーティングが、これまた甘ゥいィ~!

ホワイト01

申し訳程度にコーティングするなら「いっそのことホワイトチョココーティング無しでもよくない?」
その方が断然美味しい気がします。
でもコーティング無しだと、ノーマルな『ミルキーパイシュー』と区別できないんですね、きっと。 

イチゴ04
『ミルキーパイシュー いちご』 1個 240円

イチゴ05

上はイチゴ味のチョコレートでコーティング。
そして中はイチゴ味の練乳クリーム。
表面のチョコにも中のクリームにもいちごの粒粒感が感じられ
これがキュートなアクセントになってます。

イチゴ03

他の2種類よりクリームの量が少な~い!と残念がっていたら
これ、かなりトロトロなクリームなので
重力に負けちゃって、下に溜まってる状態なんですね。

練乳といちごの相性の良さは言うまでもありません。

ショーケース

どれもそれなりに美味しく、満足できますが
個人的にはミルキー感満点の『濃厚ミルキーパイシュー』がお気に入り。
ホワイトチョココーティングが無ければさらにツボでした。
“ママの味”はどこまで進化するのでしょう…・

※その他の『不二家』のスイーツのレポート記事はこちら
→『ミルキークリームローラ
→『LOOK ケーキ ア・ラ・モード』 
→『めびなペコちゃん』/『おびなポコちゃん』/『ひな色ケーキ』【※ひな祭り限定商品】
→『ミルキークリームの生どら焼き』【※数寄屋橋店限定商品】
→『ミルキーパイシュークリーム
→『ネクターピーチ&ミルキーパイシュークリーム
→『ミルキーロール
→『ミルキークリームプリン
→『ペコちゃん焼』【※飯田橋神楽坂店限定商品】
→『プレミアムベークドチーズケーキ
→『ナポレオンパイ(マロン)

Comments 0

There are no comments yet.