違和感こそ個性であり魅力!?『仙太郎』の『七穀ぼた』

仙太郎 銀座三越

仙太郎(HP
銀座三越 B2F 営業時間/10:00~20:00

七穀ぼた02
『七穀ぼた』 252円

癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

『仙太郎』といえば、私にとっては“青シソ入りのぼたもち”。
最初食べたときは青ジソの爽やかさと餡の甘さが織り成す微妙な世界に
違和感ありありでしたが、一度食べるとこれがクセになるんですよね~。

今回は赤飯おにぎりのようなビジュアルに惹かれ、『七穀ぼた』を購入。
七穀ぼた01

もっちりとした中に7種類の穀物がプチプチと弾けて食感がなんとも楽しい。
こちらのぼた餅にも刻んだ青シソが入っていて中にはつぶ餡。
このつぶ餡がこれまた非常にアッサリしているので
全体的に爽やかで、和菓子を食べているという気がしないんですね。
和菓子というより、ちょい甘なおにぎりを食べているような。

仙太郎のぼた餅の魅力は“違和感”。これに尽きますね。
そしてこの違和感こそ愛される個性。
こういう個性を見つけることが今年の私のテーマです。

※『仙太郎』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
→『鬼ニ金棒』【※2012年節分限定商品】
→『天の川』【※2011年銀座三越七夕スイーツフェア限定商品】

Comments 0