Welcome to my blog

夏の終わりを感じつつ…『ジョトォ』の夏限定・サマーシュークリーム

チーム*プロデュース

チーム*プロデュース

【※銀座三越からは退店しました】
GIOTTO(ジョトォ) 銀座三越店

『GIOTTO(ジョトォ)』(HP
銀座三越 B2F 営業時間/10:00~20:00

ジョトオ_サマーシュークリーム02
『サマーシュークリーム』 819円 (1箱3個入り)
【※夏季限定商品】
12:00~/17:00~ 1日2回の限定販売
1人5箱まで購入可

癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

アーティスティックなケーキと限定シュークリームの行列で有名な『GIOTTO(ジョトォ)』。
名物の限定シュークリームは1日2回の販売、
しかも販売直前時刻にはたちまち行列ができてしまうため
タイミングが合わないとなかなかゲットできないシロモノです。

ジョトオ_サマーシュークリーム01

実はこの行列、2002年のオープン以来、できなかったことはない、という毎度のもの。
なので銀座が徒歩圏だとついつい「別に今日じゃなくても…」とあきらめてしまうんですよねー。
ところが今は夏の期間限定、サマーシュークリームだというじゃありませんか!
しかもお味は沖縄産黒糖の生クリームにパンナコッタ!うーん、興味津々!
これは逃すわけにはいかない!と並んでゲット。
『サマーシュークリーム ~沖縄産黒糖生クリーム&パンナコッタ』
ジョトオ_サマーシュークリーム04
GIOTTO(ジョトォ)』 のこの限定シュークリームは、絞りっぱなし・焼きっぱなしというような
このいびつなスタイルがトレードマーク。

実は最初、「黒糖の生クリームとパンナコッタってコクがありすぎてしつこいんでは?」
…なんて思ったんですが、そこはやはり、サマーバージョンのシュークリームをうたっているだけあって
カスタードクリームよりアッサリ。

ジョトオ_サマーシュークリーム03
時間に合わせて出来たてを提供しているので
多少時間が経ってもシュー皮はサックリ・ふんわりを持続してくれてます。
アーモンドがたっぷり散らされていて香ばしさも満点。

ただ、シュークリームを食べた!という感じがないのが魅力でもあり残念でもあり…。
黒糖生クリームはなめらか、パンナコッタはぽってり、皮はサックリふんわりで
この食感の違いが口の中で溶け合わず、バラバラになってしまう感じなんですね。
それが残念かなー。
いつものシュークリームの方がシュークリーム感、ありますが
夏だから、シュークリームもちょっとハメ外してみてもいいかも!
…なんて、夏も、このシュークリームも、もう終わっちゃいますね…。

※『GIOTTO(ジョトォ)』のその他のスイーツのリポート記事はコチラ
→『ビル
→『マグパイ』(2009年七夕スイーツ)
→『ジョトォ』/『レアチーズ
→『さつまいものモンブラン
→『プリエール』(2009年クリスマススイーツ)
→『ネージュ』(2009年クリスマススイーツ)
→『マロンパイ

※このシュークリームは東京都内では銀座三越店限定です。

Comments 0

There are no comments yet.