めまぐるしく変わる東京駅土産No.1 『ベビーモンシュシュ』のパフェ

【※大丸東京店は閉店しました】
ベビーモンシュシュ ベビーモンシェール 大丸東京店

モンシェール(HP
大丸東京店 1F 営業時間/10:00~21:00

2ショット03
『マンゴーパフェ』 525円
『いちごとピスタチオのパフェ』 525円

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

ベビーモンシュシュ』(※店名が「ベビーモンシェールに変更)のパフェが、ちょっと前の東京駅土産ベスト1に輝いたらしい…
ということで、久々に。

2ショット01

ベビーモンシュシュ』らしいキュートな仕上がりですが
「このテのパフェってよくあるわよねー」ぐらいにしか思っていませんでした。
なんとなく味も想像できるし。
東京駅土産NO.1とはいえ、それほど期待していなかったんですよねー。
マンゴー03

『マンゴーパフェ』 525円

侮っちゃってすみません。二口目ぐらいで猛省。
やっぱりヤルねー!サスガだねー!そして参りました!
思いのほか気に入ってしまいました!

マンゴー06

マンゴーの甘い果肉の下には、とろりとしたマンゴームース。
この中にスポンジが一口サイズにカットされたスポンジが潜んでいて
このスポンジのフワッとした食感が、ポイント!
マンゴーのなめらかさと甘みをこのスポンジが柔軟に受け止めてくれて
なんともいえない優しさが口の中に広がるんです。

さらに、美味しさの決め手は一番下のムース。
マンゴー…とくればココナッツかな?と思いきや、これが杏仁ムースなんです。
杏仁のミルキーな味わいがマンゴーと抜群の相性!!
底にはカリカリしたシリアルっぽいものも隠れていて、この軽快な歯ざわりにトドメ刺されます!

2ショット02

いやー、なかなかニクイですねー!このパフェ。
マンゴームースにしろ杏仁ムースにしろ、
スポンジだって、べリーソースだって、何度も食べたことのある親しみあふれる味わいなのに
組み合わせとバランス感の良さで「食べたことない!」と思わせる味に仕上げているのが素晴らしい。
確かにこれ、手土産に持っていくと「東京のスイーツってやっぱり美味しいね」なんて
褒められそうですねー。

ピスタチオ02

『いちごとピスタチオのパフェ』525円

いちごの酸味とピスタチオのコクの、こちらも組み合わせの妙が光るパフェ。

ピスタチオ05

ちょっと甘めの仕上がり。
個人的には『マンゴーパフェ』が断然好みですが、こちらも後を引く美味しさ。
ピスタチオクリームの中に、こちらも一口サイズのスポンジが入っていますが
これがほのかにイチゴ風味なんですよね。
その下はベリーのソース、イチゴのムースと続き、底にはシリアル。
パフェって最後まで楽しめてこそナンボ!

ショーケース

ベビーモンシュシュ』、最近行列になる様子も見受けられなくなり
「もう飽きられたのかな?」とか「美味しくなくなったのかな?」なんて思ってたんですが…
心配ご無用でした。
これだけのものを常に展開していれば、まず飽きられること、ないでしょうね。

※『モンシュシュ』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
→『堂島ロール』/『ぼくのプリン
→『スヌーピーロール』(『SNOOPY in Ginza 2010』期間限定商品)
→『アンジェリカ』/『ピンクエンジェル』/『ナンシー』【ベビーモンシュシュ】
→『ティア』/『ジゼル』【ベビーモンシュシュ】
→『堂島ロール(ハーフ)』【瑠璃】
→『蛤おはぎ』【瑠璃】
東京スイーツ★4_スイーツ

Comments 0