青春時代のほろ苦さがよみがえる!京都のフレンチレストランの『グレープフルーツプリン』

ガスパール zinzin(ザンザン) 銀座三越
【※2011年5月31日までの期間限定出店】→出店期間は終了しました

ガスパール zinzin(HP)
銀座三越 B2F 営業時間/10:00~20:00

グレープフルーツプリン01

『グレープフルーツプリン』 350円

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

京都で予約が取りづらいと話題のフレンチレストラン「GASPARD(ガスパール)」の2号店
『ガスパールzinzin』。
『zinzin』と書いて『ザンザン』と読みます。
ちなみにこのプリンを見て『てれてzinzin』(by竹本孝之)を口ずさんでしまったアナタ、
私と同世代です…。

グレープフルーツプリン05

さて、このフレンチレストランで人気を集めるデザートが『グレープフルーツプリン』。
ネットのお取り寄せも出来ず、京都のレストランに行かないと食べられないという話で
雑誌やテレビで評判を知ってからずっと食べてみたかったプリンなんですよねー。
グレープフルーツプリン04

グレープフルーツ味のプリン、ってちょっと想像できなかったんですよね。
柑橘系の酸味と乳製品って、なんだか分離してそうだし…。
なので「プリンといいつつ、実はゼリーっぽく仕上げているんじゃないの?」なーんて思っていたんですが…。
疑ってすみません!完全に“プリン”でした!!
トロリとしたなめらかな口当たり、このコクは紛れもなくプリン。
そして一口食べると…グレープフルーツの爽やかな香りが
ものすごい勢いで口中に広がりまくるんですー!!

グレープフルーツプリン06

私は一口ですっかりこのプリンの虜になってしまいましたが、
別の人は「グレープフルーツの苦味がちょっと…」と一言。

実はこのプリン、カラメルソースがないんですが、
グレープフルーツの苦みが、カラメルの苦味の代用となっているんですねー。
だからあえてグレープフルーツの苦味を利かせているワケなんです。
この独特のほろ苦さが、スッキリとした後口を醸し出しているんですが
気になる人は気になるみたいです…。
ま、そんな方は普通のプリンを召し上がった方がいいですね。

食べ終えるまで、このプリンの風味とともに
青春時代に流行った『てれてzinzin』が駆け巡っていた私…。
そういえば、このグレープフルーツのほろ苦さ、
青春時代のほろ苦さにも似ているような…。

ブリュレパイ04

『キャラメルブリュレパイ』 1260円

もう一品、すンごいインパクトあるスイーツが目に留まったため購入。

ブリュレパイ03

グレープフルーツプリン』の繊細な風味とは真逆の、
大雑把に仕上げたなーといった印象の大胆なパイです。

ブリュレパイ07

グレープフルーツープリン』が私の想像を超えたものだったため
こちらにも期待したのですが、こっちは至って普通。
表面がカラメル状に香ばしく焼き上げられていますが
ブリュレ的な味わいでもなく、カラメルソースの掛かったカスタードクリーム入りパイといったところ。

空洞が多いパイで、ナイフを入れるとバリバリと崩れて、
“ザンザン”ならぬ“散々”な有様に…。
食べる時の見た目っていうのも、実は美味しさに通じるんですよね~。

Comments 2

パスタのレシピ

こんにちわ♪(´ε` )
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます!!

  • 2011-08-26 (Fri) 23:18
  • REPLY
チーム*プロデュース

◆パスタのレシピさま

はじめまして。
コメントありがとうございます!
記事を気に入っていただけたようでありがとうございます。
またブログに遊びにいらしてくださいね!

  • 2011-08-27 (Sat) 20:29
  • REPLY