勝手に春のパン祭り ~その③ アンデルセンの4月の童話パン

【※現在は店名が「BREAD STORY(ブレッド・ストーリー)」に】
アンデルセン 松屋銀座店

アンデルセン(HP)
松屋銀座店 B1F 営業時間/10:00~20:00

②ショット

『はだかの王様の王冠』1個 231円
『猫のおじいちゃん』 1個 231円
【※2011年4月/今月の童話パン】

癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

毎月、アンデルセン童話をモチーフにしたパンが登場するのも
アンデルセン』のパンの楽しみの一つ。
今月4月の童話パンは『はだかの王様の王冠』と『猫のおじいちゃん』。
猫のおじいちゃん』って…??
アンデルセン童話にそんなキャラ出てきたっけ??…と調べてみたら
アンデルセン』が毎年開催しているメルヘン大賞の
大賞作品をモチーフにしたパンなんだとか。
ちなみに『猫のおじいちゃん』は第27回のこども部門の大賞受賞作。
自分の書いた作品がパンになるなんて、夢がありますよねー。
王冠01
『はだかの王様の王冠』 231円

アラザンの宝石を散りばめた、ゴージャス感あふれる王冠。
でも、見た目よりも食べた方がずっとリッチ感が味わえるんです。

王冠05

ラズベリージャムが頂点に輝き、カスタードクリームとそぼろ状クッキーのトッピング。
中はオレンジスライス入りのチョコレートマジパンを巻き込んだ生地。

カスタードのなめらかさにそぼろ状クッキーのサクサク、
オレンジの香りとチョコレートの甘さ…
いろんな食感と風味が入れ替わり立ち替わり現われ、
口の中がちやほやされているような、そんな錯覚を覚えます。
まさに王様気分が味わえます。

王冠03

ただ…意表を突いていきなり弾けるアラザン…
このアラザンの思いも寄らぬ固さが、
歯につらく響くお年頃になった…
そんな突きつけられた現実に王様気分も、一瞬にして吹き飛びます。

ねこじい01
『猫のおじいちゃん』 231円

目尻を下げて“おじいちゃん”らしさを出そうと試みたと思われますが
こういうご時勢だからか、世を憂いているような、悲痛な表情に見えてしまいます。

ねこじい05

小さな体にはカスタードクリームが。
そして頭には、何も入っていないと思いきや、フルーツマジパンが!

ねこじい04

フルーツマジパンのほのかな酸味が
頭にいっぱい詰まった、遠い日の甘酸っぱいメモリーを表現しているかのよう…。

年を重ねると、喜びも悲しみも、
まあるくひとつになって愛すべき甘酸っぱさに変わる…
そうだったらいいのになー、と思いつついただきました。

4月パン

※『アンデルセン』のその他のパンのレポート記事はコチラ
→『ひなまつりセット』(2011年ひな祭り限定パン)
→『うさぎのクリームパン』(2011年1月限定干支パン)
→『パンダクリームパン』/『あんパンダ
→『童話クッキー
→『銀座ショコラレザン
→『応援ボール・サッカー

Comments 2

りさ

はじめまして♪
なんて可愛いパン!!
買っても食べるのがもったいないですね^^笑*
味も美味しそうで…
買いに行きたいです^^♪

チーム*プロデュース

◆りさサマ

はじめまして!
コメントありがとうございます!
『アンデルセン』は全国にお店がありますので
是非、お近くのお店でカワイイ子、ゲットしてくださいね!
見た目だけじゃなく、味もキュートですので。