自由が丘のスイーツキャラ『ホイップるん』!? 『ガトー ナチュレール シュウ』 

Gateaux naturels Shu (ガトー ナチュレール シュウ) 自由が丘店

ガトー ナチュレール シュウ(HP) 自由が丘店
東京都目黒区自由が丘2-10-4
営業時間/10:00~23:00 定休日/なし

ホイップりん03

『ホイップりん』 300円

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

自由が丘にもご当地ゆるキャラが存在していたとは…。
スイーツの聖地・自由が丘のスイーツキャラクター、その名も『ホイップるん』!
嘘かホントか知りませんが『ホイップるん音頭』なんてものまで存在するらしいです…。

そんな『ホイップるん』がモチーフのプリンが『ホイップりん』。
ホイップりん01

ホイップりん』というだけあって、表面はホイップクリームで覆われてます。
色白に赤いほっぺ…雪国の幼子を思わせる純真キャラってトコでしょうか。

ゆるキャラがモチーフなので、プリン生地もゆるいトロトロ系をイメージしがちですが
意外にもちょっと固めのスタンダードなプリン。
甘さも玉子の風味もしっかりとあり、懐かしい味わいです。
でも、この癒し系の笑顔と懐かしい味わいに気を許していたら
底にあるカラメルソースが「なめんなよ」とでも言いたげな苦さを放ち、
驚かせてくれます。
純真な女の子が実はヤンキーだった…そんな裏切りを感じさせます。

ホイップりん05

こちらは 都内に数店舗ある『珈琲茶館 集』のパティスリー部門として2009年にオープン。
『珈琲茶館 集』といえば高級喫茶店ですよね。
『高い』そして店名から『渋い』という印象しかなく
年配のおじさんたちが集う喫茶店という勝手なイメージがあり
いまだに入ったことがありません。

その『集』が『シュウ』とカタカナに変わってパティスリーになると
『高い』『渋い』とは真逆の『安い』『カワイイ』路線。
これもプチ裏切り行為、ともいえそうですが、むしろウレシイ裏切り。

他にも誕生日や記念日用にかわいいキャラクターケーキが用意されていて
かなり人気を集めている模様。

モンテビアンコ05

『モンテ・ビアンコ』 400円

お店の方にオススメを聞いて購入した『モンテ・ビアンコ』。
見た目は地味で、よくあるタイプのメレンゲコーティングのケーキですが
さすがオススメするだけあって、これ美味しい!

モンテビアンコ02

メレンゲは、焼いた部分がカラメル状に香ばしく溶けていて、
その香ばしさと、中のバナナクリームが相性抜群!
バナナクリームには洋酒の香りが程よくきいていてパンチのある仕上がり。
さらに中にはバナナの果肉が入っていて甘さに拍車を掛けます。
下のパイ生地もサックサクで…、喫茶店のケーキ部門と侮る無かれな美味しさ。
しかもこれで400円とは!!

モンテビアンコ08

スイーツの聖地・自由が丘でCP良しと評判を集めているとのことですが
これは納得。
今度『珈琲茶館 集』にも入ってみようか、と…。
そこにもウレシイ裏切りがあるかもしれないし。

Comments 0