中華まんで必勝!!『神楽坂五十番』の名物・肉まん

神楽坂五十番』 松屋銀座店

肉まん03

『肉まん』 1個 360円

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”で満足度を表現しています)

寒くなると恋しくなりますよねー、肉まんから立ち上る湯気が!
今やコンビニでも手軽に、しかもかなり美味しい肉まんが買えちゃう時代なので
高速のSAか中華街でないと 肉まん1個に300円以上出すのはちょっとためらわれます。
でも『神楽坂五十番』の肉まんだと 360円も納得なんですよねー。

肉まん05

東京で肉まん、というと必ず名前が挙がる、昭和32年創業の『神楽坂五十番』。
神楽坂の本店だと並んで買うハメになる肉まんも、
デパ地下なら並ばずに買えるのがウレシイ!

肉まん07

ここの肉まん、具もモチロン美味しいんですけど
魅力はなんといっても皮にある!…と個人的には思ってるんですよね。
皮が主役といっても過言ではないくらい、皮が絶品!

肉まん01

上質の国産豚挽肉と野菜を詰め込んだこだわりの具、
…もちろん、とっても美味しいです。
美味しいんですよ!
でも醍醐味はその具から溢れる肉汁が染み込んだ皮・生地の部分!
個人的にはこの部分だけでもいいぐらい(笑)。

エビチリまん01
『海老チリまん』 1個 360円

中華料理店である本店の人気メニュー『海老チリ』を包み込んだお饅頭。

エビチリまん04

ピリッと心地よいチリソースの辛さと
プリプリの海老の食感が後を引く美味しさ。

エビチリまん03

ちなみに中華まんじゅうは、諸葛孔明が川の氾濫をしずめるために作らせた
というのが起源らしいです。
この羊や豚の肉などを詰めたまんじゅうを水中に投じたところ風雨がおさまり
見事戦いに勝つことが出来たとか。(詳しくは新宿中村屋さんのサイトでどうぞ)

今日・明日はセンター試験。
受験生の皆さんはトンカツをはじめ縁起フードをいろいろ食べていらっしゃることと思いますが
肉まんも是非!

『神楽坂五十番』(HP) 松屋銀座店
東京都中央区銀座3-6-1
松屋銀座店 B1F
営業時間/10:00~20:00

Comments 0