鎌倉の夏の名物!お蕎麦屋さんの絶品わらびもち 『こ寿々』

もはや食べることでしか癒されない!そんなオンナがお届けする、銀座グルメガイド。

おいしいスイーツや手土産・カフェ・お得な銀座ランチ、土日のランチ情報も!(時々銀座以外のエリアも登場)
…見れば食べればアナタもきっと癒される!?

鎌倉の夏の名物!お蕎麦屋さんの絶品わらびもち 『こ寿々』


こ寿々(こすず) 有楽町阪急 ~鎌倉
【※有楽町阪急にて2010年7月20日までイベントスペースに出店中→出店期間は終了しました

こ寿々(こすず)(HP)
神奈川県鎌倉市由比ヶ浜1-1-9 営業時間/11:00~17:30(販売は10:00~18:00) 定休日/無



『わらびもち』 (小)735円

癒され指数 ★★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

あまりに暑いので涼しげなスイーツでも…とウロウロしていたら
有楽町阪急に『こ寿々』が出店中ではありませんか!
この『こ寿々』のわらびもちは、今まで食べたものの中で
一番インパクトがあるわらびもちなんです。
鎌倉のお蕎麦屋さんが手掛けている、と意外性も魅力ですが
とにかく半端ない、容赦ない弾力に、虜です。

kosuzu05.jpg

もともとは脱サラしたご主人がお蕎麦屋さんを開店、
そこで甘味として出したのが評判を呼び『わらびもち』専門店をオープンするに至ったらしいです。
お蕎麦屋さんの甘味にしては本格的で、
寒天や澱粉を使わず、国産の本わらび粉だけを使用。
だからこそ独特のモッチリ感が出せるとのこと。

見た目もそうですが、食べた第一印象も「こんにゃく!?」と思うほど
モチモチプルプル…いや、ムッチムッチブルンブルンの肉感的な食感です。

kosuzu.jpg

黒蜜は沖縄の波照間の黒糖を使用。
黒蜜って甘いものが多いので、付いてきた量を全部かけるということは滅多にないのですが
これは全部掛けてもあんまり甘くないんです。
それだけにわらび餅本来の旨みが舌に伝わってきます。

kosuzu08.jpg

『わらびもち』といえば夏菓子の代表!
今の時期、鎌倉にいくなら是非おさえていただきたいスイーツです。
そして今なら鎌倉に行かなくても有楽町で手に入るので、
鎌倉の夏の味を有楽町で是非!
[ 2010/07/17 14:15 ] ご当地_手土産 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バナー
最新記事6件
Twitter
プロフィール
 M
銀座デパ地下のスイーツブースを巡回するのが日課。

◆個人の独断と好みによるレビューですので、皆さまの感想と異なる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆コメントはお気軽にどうぞ!
書き込み大歓迎です♪
ただしスパムと思われる書き込みは削除させていただきます。

◆リンクはフリーです。
報告の必要もありません。

◆著作権について
このブログに掲載されている画像や
文章等の無断転載を禁じます。
NINJA
ブログパーツ
ブログ広告.com
ブログ広告ならブログ広告.com
QRコード
QRコード