『モンシュシュ』の新ブランドが銀座に誕生!『瑠璃』の“和風”『堂島ロール』

【※銀座店は閉店 日本橋三越店は営業しています】

銀座 瑠璃(るり)

銀座 瑠璃(HP
東京都中央区銀座4丁目9-13 銀座4丁目タワー1F
営業時間/10:00~20:00(日~木曜) ~20:30(金・土曜)

瑠璃_堂島ロール02

『堂島ロール(ハーフ)』 840円

癒され指数 ★★★
(『いかに癒されたか』が目安の“癒され指数”でスイーツの満足度を表現しています)

スイーツ担当:M20090614m.gifです。

あの行列のロールケーキ『堂島ロール』の『モンシュシュ』
今年(2010年)6月23日に銀座に新ブランドをオープン!
銀座近くにいながら、なかなか行くチャンスに恵まれなかったのですが
ようやく訪れるチャンス到来!

瑠璃_堂島ロール08

お目当てはこの店にしかないという粒あん入りの和風『堂島ロール』!
餡×クリームに目がない私、あの『堂島ロール』に餡が入ったなんて
そりゃー、期待せずにはいられません!!
瑠璃_堂島ロール03

しかし…。
期待が高すぎたんでしょうか。
堂島ロールのような衝撃は得られませんでした。
粒あん以外は『堂島ロール』そのままなのでそれはいいのですが、
この粒あんが全くワタシ好みじゃなかった…。

瑠璃_堂島ロール09

塩をかなり利かせた粒あんで、その発想はイイと思うんですが
この塩分と餡のボソッとした感じが
堂島ロール』の生クリームに味も食感においても全く調和してない気が…。
粒あんはノーマルな、甘いタイプでしっとりした食感のもののほうが
堂島ロールの乳臭い生クリームと独特の口溶けには合ったんじゃないでしょうか…。

瑠璃_堂島ロール01

粒あんが美味しさえすれば、
ノーマルな『堂島ロール』より確実に気に入ったに違いないのに!
…そう思えるだけに、粒あんと生クリームを混ぜてあんクリームにして食べてみたり
食べ方を工夫してみたんですが、やはりワタシの好みではなかった…。
“粒あん×生クリーム”モノに関しては基本的に許容範囲広いんですけどね~。

瑠璃_箱04

今回は購入を見送ったのですが、抹茶バージョンもあります。
そっちも食べてみないと…とは思うものの…。うーん。

でもこのパッケージ、藍色がキレイで、柄も可愛くていいですよね~。
ちょっと銀座のママ風なトコも匂わせるパッケージ…
銀座の手土産としては間違いなくウケそうです。

堂島ロールがこれだけ市民権を得た今、
“銀座にしかない堂島ロール”ってトコもポイント高いと思われます。

店内03

店の奥には喫茶もあり、そこでお菓子を楽しむこともできます。
今回はテイクアウトにしましたが、喫茶が混んでなかったのが意外。
タイミングが良かったのか『堂島ロール』も並ばずすんなり購入できたし…。

外観01

※『モンシュシュ』のその他のスイーツのレポート記事はコチラ
→『堂島ロール』/『ぼくのプリン
→『スヌーピーロール』(『SNOOPY in Ginza 2010』期間限定商品)
→『マンゴーパフェ』/『いちごとピスタチオのパフェ』【ベビーモンシュシュ】
→『アンジェリカ』/『ピンクエンジェル』/『ナンシー』【ベビーモンシュシュ】
→『ティア』/『ジゼル』【ベビーモンシュシュ】
→『堂島ロール(ハーフ)』【瑠璃】
→『蛤おはぎ』【瑠璃】

Comments 2

銀座でランチ♪ NA1

やはり和菓子は難しいのですね

あっ、行かれましたね。しかも店内の写真に、他のお客さんが写っていないのが、スゴイ。それとも、もう空いてるんでしょうか?
さて、あんこについてですが、やはり和菓子の世界で、成熟したものにするには、それなりの時間がかかるのかな、というのが、瑠璃での私の印象です。やはり銀座老舗のところには、かなわないですね。ただ、洋菓子と和菓子を組み合わたモンシュシュのチャレンジは買いたいですね。

  • 2010-07-14 (Wed) 20:38
  • REPLY
チーム*プロデュース

◆銀座でランチ♪NA1さま

はい、やっと行って参りました。
お昼過ぎに行ったら店内、全然人がいなかったんですよねー。
きっと並んでるんだろうな、なんて思い込んでいたのでちょっと拍子抜けでした。
でも、単にタイミングが良かっただけかもしれません。

そうなんです、銀座にはレベルの高い和菓子屋さん、多いですからね~。
そこで勝負する勇気は素晴らしいと思います。
『堂島ロール』っていう大ヒット商品があるからこそ
いろいろ冒険できるんでしょうねー。

  • 2010-07-15 (Thu) 12:21
  • REPLY