銀座老舗のとんかつやさんのカツ丼はやはり絶品「銀座梅林」

【※現在建て替えのため仮店舗で営業中→中央区銀座7-7-10】
銀座梅林 銀座本店
東京都中央区銀座7-8-1 HPはコチラ
営業時間 11:30~20:45(L. O.)
定休日 無し

◆土日祝ランチ情報◆終日同料金・同メニュー

ボリューム ★★★★☆(丼の大盛り 定食のご飯、キャベツのお替り自由)
また行きたい度 ★★★★☆(また食べたいと思わせる味です)

この店の一品
梅林_カツ丼01
カツ丼  980円
みそわん、御新香付
梅林_カツ丼03

ダシはそれ程濃い味ではなく、だからといって薄味でもなく、適度な甘辛さ。
その甘辛いダシがトンカツと卵、玉ねぎをうまくつないでいます。
最後まで飽きずに食べさせてくれるのも味付けの妙という感じです。

梅林_カツ丼02

カツには卵がうっすら掛かっている程度なので
衣のサクサク感がしっかり楽しめます。
衣は薄く、肉とピッタリ寄り添っているよう。
肉からはジューシーな旨みが弾けます。

『梅林』といえば、看板は『スペシャルカツ丼(1800円)』ですが
980円のカツ丼でも十分すぎるほど、『梅林』のカツ丼の魅力を堪能できると思いますよ。
ボリュームもあり、満足!

続いての一品
梅林_トンカツ01
カツライス  980円
みそわん、御新香付

『カツライス』という名前の付け方にも、老舗の伝統がにじみます。
いわゆる『とんかつ定食』ですが
ケチャップ味のスパゲッティが添えられていて、ちょっと洋食屋さんなムードも感じられ、
なるほど『カツライス』という名前がハマってる気がします。

梅林_トンカツ02

肉は心持ち薄め。脂身も少なめ。
しかし、肉の旨みはしっかり。
サックサクの衣と肉汁の甘みがたまりません!
豚の旨み、甘さを感じさせてくれます。

梅林_トンカツ03

箸で切れるほど…というほどの柔らさではありませんが
噛むと適度な歯ごたえの後、スーッと切れます。

普通のトンカツに見えるけど、食べると断然ウマイ!
サスガ老舗のとんかつ店です。

もう一品
梅林_メンチ01
メンチカツライス  880円
みそわん、御新香付

梅林_メンチ03

大きなメンチカツが2つ、お皿の上を陣取っています。
カツのようにカットしてあるんですが、
まず一切れ、食べて、ジュワワーと溢れ出す肉汁に驚き!
カットしたときに肉汁は流れたハズなのに、噛めばまだ中から肉汁が溢れるとは!

梅林_メンチ02

一般的なメンチカツなら玉ねぎやつなぎが入っていると思うんですが、
これはそれがほとんど感じられないくらい“肉”感たっぷりなメンチです。
メンチカツ自体は薄味なのでソースを掛けて食べるのですが
これ、甘口のソースよりお醤油のほうが合うんですよね。
メンチが肉に近いからか、お醤油のシンプルな味のほうが肉の旨みがハッキリと立ちます。

梅林_店

『梅林』=『スペシャルカツ丼(1800円)の店』=高い店、というイメージでしたが
1000円以下のランチも揃っていて、しかもボリュームたっぷりでウマイ!
人気店の秘密が分かりました。
銀座土日ランチ_和食銀座★4_和食

Comments 0